AVソリューション背景画像

借金返済のためにAVに出演 身も心もボロボロだった私

AV動画の削除・販売停止 | AVソリューション
AVに出演するきっかけや削除するまでの出来事です

プロフィール

名前(仮名)

岡田みさとさん

現在のご年齢とご職業

29歳 / 風俗

AVに出演した時期や本数

AVに出演したきっかけ

私がAV女優になったきっかけは、借金の返済のためでした。
私には兄がおり、兄はコンサルタント会社の経営をしていました。起業当初は業績も良く、タワーマンションや外車に乗っている兄は私の自慢の兄でした。
でも兄の会社はだんだんと業績が悪化し、借金をしているという話を両親から聞いて心配をしていました。ある日、兄から連絡があり、「借入の保証人になってほしい。1年もあれば完全に返済できる。お前には迷惑はかけない。」という内容を言われました。
兄のことが大好きだった私は、自分が何か役に立てるならと思いすぐに承諾をしました。ところがそれから半年ほどたった頃、知らない番号から電話があり、それは兄が借入をしている会社からの返済要求でした。
すぐに兄に電話をしましたがつながらず、両親に電話をしても兄と連絡が取れないと言われました。借入総額は利息も合わせて5000万ほどだと言われ、私は頭が真っ白になったのを覚えています。両親とも相談をしましたが、とてもそんな金額は出せないと。私は飲み屋のバイトをすると両親にウソをつき、風俗業界に足を踏み入れました。ピンサロ、ホテヘル、デリヘル、高級デリヘルと、徐々に報酬の高い店へ移籍していきました。
返しても返しても返済は終わらず、兄も行方不明、次第に私の心はどうしようもなく病んでいきました。より高い報酬を求めてAV出演をすることを決意し、働いていた風俗店にAVプロダクションを紹介してもらい、風俗店の仕事と同時進行で働くことになりました。そんな生活を5年ほど続け、返済も少し終わりが見えてきた頃には私の心身はもうボロボロの状態でした。
AVのことは親にも友人にもバレ、周りから白い目で見られ、地元に帰ることもできず、自分の味方が一人もいない状態でした。精神安定剤を飲みながらひたすら返済を続けてきたとき、風俗店で常連だったお客さんが「何か力になりたい」と言ってくれて、お店に来てもプレイをしないでずっと話を聞いていてくれたりしました。
それが今の彼なのですが、残っていた返済はすべて彼が支払ってくれる形で私は風俗店とAVプロダクションを引退しました。

AVを削除しようと思ったきっかけ

風俗業界を引退しても、精神状態が安定するまでにはとても長い時間を要しました。ずっと彼がサポートしてくれていたのですが、ネットには私の作品がずらりと並び、アマゾンをはじめ、ありとあらゆるところで販売がされていて、掲示板にはAV女優名と本名がさらされ、私は限界でした。
もう自分で何かをできる気力も体力もなく、見かねた彼が必死で何とかならないか調べてくれていました。掲示板の管理者に削除要請をしてくれたり、所属していたプロダクションには販売停止の要請をしてくれたり。AV人権倫理機構にも連絡をしてくれました。
しかし、あまりにも出演本数が多いことや、契約書が残っていることなどが原因でとても個人の力ではどうにもなりませんでした。
ネット上には無数の画像や動画があって途方にくれていました。

AVソリューションに相談した結果

ある日、何気なくツイッターで引退したAV女優さんのアカウントを見ていた時、そこからAVソリューションのサイトにつながりました。
ラインで相談しすぐに電話をしてもらって、「一人で悩まないでください。」「なんとかしてあげたい、その一心で取り組んでいます。」そんな言葉にとても心がほぐされた気がします。
すぐに彼に相談をして、担当の方に改めて連絡をしました。出演本数の多さや、ネット上の記事の多さから、「少し時間はかかりますが確実に消していきますので安心してください。」「プライバシーも確実にお守りします。」と言ってくださり、とても誠実に対応してくれたことで、素直に安心することができました。
3ヵ月後くらいすると、「作品の全てと記事は9割ほど削除いたしました」と言われ、彼と一緒に見てみたら本当に見事に削除されていました。私自身も嬉しかったですが、彼が喜んでくれた事もとても嬉しかったです。ずっと心が病んでいたのになんとか前を向いてこれたのは彼のサポートがあったからに他なりません。
またAVソリューションを偶然見つけることができ、担当の方がここまで親身になってくださったことに心から感謝をしています。
私自身も同じように悩んでいる女の子の力になれたらと思い、現在、ツイッターで自身のこれまでの経験を綴っています。

ご注意事項

1 無断転載、悪戯はおやめ下さい

無断転載または本サイトの記事を用いた悪質な悪戯に関しましては法的な処置を取らせていただく場合がございます。

2 記事(人)によって表現が異なります

誤字脱字などなるべく揃えておりますが、同じ事をさしていても記事(人)によって書き方や表現のニュアンスが異なる場合がございます。
AVを削除した人たちはどのようにしているかを、同じような問題を抱えている人たちにとって、リアルな声でお届けする事が目的になります。ご容赦下さい。

3 承諾を頂かない限り掲載されることはありません

ご相談頂いた全ての方を記事にしているわけではなく、掲載している記事はほんの一部になります。
こちらからお願いしてご承諾頂かない限り記事を作成する事も書いてもらうこともありませんので、ご安心ください。ほとんどの方は書いておりません。
また名前は全て仮名です。

4 最後に

人によって様々な問題があると同時に、手段や対策の方法、そして消えるまでの時間もバラバラです。 これまでに多くの問題を解決してきていますので、きっとお役に立てると思います。
何か分からないことがありましたら、いつでもご連絡ください。